CONTENTS

SEOについて詳しく知ろう! SEO博士

一緒にSEO博士からSEOの極意を教わろう!

SEOって?

WEBマーケティングの戦略として必要な技術であるSEOは(Search Engine Optimization)の略で検索エンジン最適化と呼ばれています。

seo対策でgoogleでの収益を

googleやYahooといった検索エンジンにおいて、上位表示されることを、seoといいます。対策を立てるために、作業はウェブサイトによって分けられています。ホームページを作成した際にどのような手順を進めるべきなのか、大阪などの各地では、セミナーや無料での説明会などが開講されています。

関連する知識や技術に関して広く知られている他、対策業務を代行してくれる業者なども存在しています。各企業などにとって、ウェブサイトは重要な広告塔の一つであり、マーケティングにも大きく影響します。ホームページへの対策は、利益の差にも反映されるでしょう。

何故SEOがあるのか。

サイトを検索エンジンで上位表示させることでアクセスが生まれ、信用が生まれます。言い換えると順位をあげることによって、人の目に触れる機会を増やすことへとつなげています。

検索結果に表示させることによってSEOはブランディングと広告の機能を持たすために行われているのです。

人にサイトを見られる機会が増えれば、そのサイトへの興味・関心を高める機会になります。

いいサイトやいい商品があっても人の目に触れなければ意味がないのです。

まずはたくさんの人に知られることがサイトにとって一番必要になってきます。

SEO対策方法タイトル表記

上位になるSEO対策方法はたくさんあります。

サイトにはタイトルが必ずあり、サイトを開いている時にブラウザに表示されたり、またはブックマーク登録時に表示されるものです。

SEO対策を行いたいなら、そのタイトルは重視すべきポイントの一つだそうです。

ソースコードを表示させてみると、比較的上の方にタイトルが表記されている部分を見つける事ができるでしょう。

一目で見て、どんなサイトであるのかと言う事がすぐにわかると言う事が大事だそうです。

企業名だけだと何を扱う企業なのかわからない事もあるので、その事をしっかりと明記しておく事が大切だと言われています。

これならすぐにできそうですね。

SEO対策としての施策

まずは内部対策としては以下のものがあります。

  • 1.titleタグにキーワードを入れる
  • 2.キーワードの出現頻度を調整する
  • 3.メニューに適度にキーワードが入っている
  • 4.h1などを適切に使う
  • 5.コンテンツを充実させる

外部対策は関連性があり、コンテンツが充実しているサイトからのみリンク。それ以外は不要です。

てっとり早いseoは現在すぐ見破られますので意味がありません。